東京・千葉・神奈川のリフォームならアスプリード株式会社

リフォーム・リノベーション・新築

Tel.03-3537-9770

受付時間 9:00〜18:00(月〜土)

トリビア 1

ユニットバスとは?

ユニットバスとは?

☆「ユニットバス」とは、あらかじめ浴室内の壁・床・天井・浴槽がセットで製造組み立てられるもの☆

「ユニットバス」とはあらかじめ浴室の壁・床・天井・浴槽といったパーツがセットで製造されており、
それらを施工現場で組み立てる浴室、これらを総称し「ユニットバス」と呼びます。

従来型の浴室の施工方法は、「在来工法」と呼ばれ床や壁に一枚ずつタイルを貼っていく工法で工事期間にとても時間がかかるものでした。
1964年の東京オリンピックの開催時、建設ラッシュが要因で工期短縮の為開発されたのが、「ユニットバス」です。
パーツがセットされていて現場でスピーディーに組み立てられる為に開発されました。
また「ユニットバス」と「システムバス」はほとんど同じものとして扱われています。
システムキッチン同様基本機能以外にセレクトしたオプション機能を搭載できることから「システムバス」とも呼ばれています。

☆ユニットバスの種類は大きく3種類☆

【1点ユニットバス】:浴室のみ
ファミリー向け住宅で多く見られるタイプ

【2点ユニットバス】:浴室と洗面
賃貸住宅でよくみられる
浴槽に洗面台がついているタイプ

【3点ユニットバス】:浴室と洗面とトイレ
単身向け賃貸住宅や、ビジネスホテルなどでも多くみられる
浴槽、洗面台、トイレがひとつの空間に組み込まれたタイプ

☆ユニットバスの規格サイズは内寸を表す数字で表記される☆

サイズは「1216」や「1616」で表記されます。
これは浴室内側の寸法(内法寸法)を表す数字で1200㎜×1600㎜なら「1216」となります。

☆メリットとデメリット☆

【メリット】
工期期間が短い
お手入れ簡単
断熱性に優れている
在来工法にくらべ防水性が高い

【デメリット】
通気性が悪い
設置できないケースがある
設備やパーツが後付けできないことも

一般的な住宅向けユニットバスのサイズは規格化されていますが、ご希望と予算によりセレクトすることが可能です。
洗い場が広い方がいい、足をユックリ伸ばせる浴槽がいい等またオプションで機能を追加する事も可能です。
ただ、設置場所の形状によっては設置できない可能性があるのでご相談下さい!

関連する記事がありません

トリビア一覧を見る >